転職

訪問診療への転職ロードマップ①転職のタイミング

  • #転職
訪問診療への転職ロードマップ①転職のタイミング

医師としてある程度キャリアを重ねていくと、さまざまな理由から新しい環境に身を置きたい、と思う機会が増えてくるものです。自分にとってベストな転職のタイミングはいつなのか、一緒に見ていきましょう。

自己成長の機会が減ったと感じたとき

最初は新しい環境に対する興味や学びの機会が多かったかもしれませんが、医師としての経験が豊富になると、どうしても新たな経験は減ってくるものです。また、同じ環境での勤務年数が長くなると、他の医師や医療スタッフとの交流や学びの場も限られてくるかもしれません。

そうした状況において、自己成長の機会が減ったと感じた場合は、転職を考えるタイミングの一つです。新しい環境や設備を活用し、スキルアップや専門性の向上を図ることができる職場を探すことができます。

また、新しい職場では異なる設備や医療スタッフとの連携が求められることがあり、それによって自身のスキルや知識をより高めることができます。さらに、新たな環境でのチャレンジや挑戦も自己成長につながるでしょう。

自身のキャリアプランを再評価し、新しいチャレンジや成長の機会を持つことは重要です。自己成長を継続することで、より高いレベルのスキルや専門性を身につけることができ、患者さんへより高いクオリティの医療を提供することができるでしょう。

労働条件や勤務時間が合わなくなったとき

医師として働いていると、予期せぬ緊急の手術や入院、オンコールや当直が入ったりと、仕事を中心に生活せざるを得ません。そのため、勤務形態が自身のライフスタイルや家庭の事情に合わなくなることがあります。

たとえば、勤務時間が長くなり休日や夜間の勤務が増えたり、急なシフト変更や緊急の対応が多くなったりすると、自身のプライベートな時間や家族との時間が制限されることがあります。これにより仕事とプライベートのバランスが崩れ生活の質が低下してしまう場合には、転職を考えるべきタイミングかもしれません。

自分自身の幸福や健康を考え、より充実した生活を送るために、勤務時間や労働条件が合った職場を探すことが重要です。新しい職場で自分自身のライフスタイルに合った勤務時間や労働条件が整い、家族や自分自身の時間を大切にすることができる環境を見つけることができれば、より満足度の高い働き方を実現することができます。

転職によって、自分自身の時間やプライベートの充実度を高めることができるだけでなく、職場とのコミュニケーションや協力体制の改善、ストレスの軽減などにもつながることがあります。また、勤務時間や労働条件が自身に合った職場での働き方が実現できれば、ワークライフバランスを保ちながら、より長期的に医師としてのキャリアを築いていくことができるでしょう。

地域や勤務エリアの変更を考えたとき

同じ職場に長く勤務している方は、生活や家庭環境の変化により、勤務地を変更したいと思ったことがあるのではないでしょうか。勤務エリアや地域の変更を考え始めたときは、転職を一つの選択肢として考えてみましょう。勤務地の変更により通勤時間の短縮や通勤手段の改善が実現できると、時間やエネルギーの節約につながります。また、住宅事情や生活費の変化により、住みやすい場所を選ぶことが可能になるかもしれません。それにより自分自身や家族の生活環境を改善し、より快適な生活を送ることができるでしょう。

自然に囲まれたエリアでの勤務など、リフレッシュできる環境での勤務が可能になったり、自分自身の趣味や興味に合った施設やイベントがあるエリアでの勤務で、プライベートな時間を充実させることができる可能性もあります。希望のライフスタイルに合わせることで、自分自身の満足度や充実感の向上につなげていきましょう。

職場環境が合わなくなったとき

医師という仕事は、他の職業以上にチームや組織の中で協力して働くことが求められます。そのため、チームや組織の雰囲気が合わなくなり、人間関係に悩むようになった場合も、転職を考えるべきタイミングの一つでしょう。

コミュニケーションが希薄であったり、連携がうまくいかず情報共有が不十分であったりすると業務の遂行が困難になり、ストレスや不満が溜まってしまうかもしれません。また、自分自身が適切に評価されないと感じるような状況が続く場合もあります。これらのような状況が続くと、職場でのモチベーションや満足度が低下し、心身の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。

新しい職場を探し、自分に合ったチームや組織で働くことにより、ストレスや不満を解消し、職業生活をより充実させることができるでしょう。自分自身の健康と職業生活のバランスを考える上で、チームや組織の雰囲気は重要な要素であり、自分に合った職場環境を選ぶことが大切です。

まとめ

医師の転職のタイミングは、自己成長の機会が減ったと感じたとき、労働条件や勤務時間が合わなくなったとき、チームや組織の雰囲気が合わなくなったとき、キャリアのステップアップを考えたとき、地域や勤務エリアの変更を考えたとき、経済的な理由があるときなど、さまざまな要因が考えられます。自分自身の状況や将来のキャリアビジョンを考慮し、転職を検討していきましょう。

在宅医の転職なら在宅医療専門医師求人サービス「在宅専科」がおすすめ

転職エージェントは、転職希望者と転職先とをつなぐ役割を果たしてくれる専門のサービスです。
エージェントは、会員でないと閲覧することができない非公開の求人を多くもっていますので、ウェブ検索だけでは収集できない情報も収集することが可能になるため、転職先の候補にもより多く出会うことができます。

>在宅医療専門医師求人サービス「在宅専科」はこちら

独自の求人が多数

在宅専科は、在宅医療専門の求人サービスです。他社にはない、独自求人情報が豊富です。
在宅医療に特化している在宅専科だからこそ、保有している優良求人情報を多数保有しています。
他社では見つからなかった求人を在宅専科で見つけてみませんか?

在宅医療未経験の方も利用

在宅専科を通じて入職した約50%の医師が在宅医療未経験からスタートしています。
未経験でも安心してチャレンジでき、在宅医療のスキルを身につけながら成長できる環境をご提案します。
多様な医療ニーズに対応し、やりがいのあるキャリアを築くことが可能です。

QOLが高い案件をご提案

QOLが高く未経験の先生のために指導環境が充実した求人提案が可能です。
意外と思われるかもしれませんが、在宅医療の求人は高額給与と並行して、指導環境が整い且つ高いQOLを誇る求人案件が多数存在しています。
在宅専科では、未経験でも高給与、高QOL求人を目指す先生へ多くの選択肢をご提案することが可能です。

医師の転職は企業への転職とは異なる場合があります。そのため、利用の際は医師に特化した専門のエージェントを探すようにしましょう。求人情報だけではなく、転職目的・条件の明確化や自己分析、応募書類や面接などのステップでもアドバイスをもらうことができます。

一人で転職活動を進めていると「これでよいのだろうか」と不安になることがあると思います。そんなとき、頼れるアドバイザーにすぐ相談できると、とても心強いですよね。少し話を聞いてみたい、という段階でも利用することができますので、在宅医への転職を検討し始めたら、ぜひ在宅専科へご相談ください。

無料で会員登録する

この記事を書いた人

在宅医療カレッジ編集部

在宅医療に関わる方・これから始めたい方を応援する在宅医療の情報プラットフォーム「在宅医療カレッジ」編集部です。 「学ぶ」「働く」「役立つ」をテーマに在宅医療に関するあらゆる最新情報を配信しています。

おすすめ記事

  • 連載 かかりつけ医機能と在宅医療④|中央大学ビジネススクール教授・多摩大学MBA特任教授|真野 俊樹 先生

    在宅医療を学ぶ

    連載 かかりつけ医機能と在宅医療④|中央大学ビジネススクール教授・多摩大学MBA特任教授|真野 俊樹 先生
  • 大分から見た日本の在宅医療の課題|連携と教育で高齢化社会を支える|医療法人輝彩理事長・ヒカリノ診療所院長|平山 匡史 先生

    在宅医療を学ぶ

    大分から見た日本の在宅医療の課題|連携と教育で高齢化社会を支える|医療法人輝彩理事長・ヒカリノ診療所院長|平山 匡史 先生
  • 2024年6月|人気記事ランキング|TOP5

    在宅医療を学ぶ

    2024年6月|人気記事ランキング|TOP5
  • 【開業後必見】大規模医療法人事務長が教える!開業後の指導・監査対策を徹底解説

    開業・運営に役立つ

    【開業後必見】大規模医療法人事務長が教える!開業後の指導・監査対策を徹底解説

「在宅医療で働く」の新着記事

  • 患者さんの価値観を大切にして自宅での生活を支える|根幹は全人的医療|医療法人輝彩理事長・ヒカリノ診療所院長|平山 匡史 先生
    • 在宅医療で働く
    • キャリア/ワークスタイル

    患者さんの価値観を大切にして自宅での生活を支える|根幹は全人的医療|医療法人輝彩理事長・ヒカリノ診療所院長|平山 匡史 先生

    • #キャリア
  • 人生の選択肢を広げるには。ひと繋ぎの医療システムを全国へ|一般社団法人プラスケア代表理事/川崎市立井田病院|西 智弘 先生
    • 在宅医療で働く
    • キャリア/ワークスタイル

    人生の選択肢を広げるには。ひと繋ぎの医療システムを全国へ|一般社団法人プラスケア代表理事/川崎市立井田病院|西 智弘 先生

    • #キャリア
  • DXやエコーの活用で、へき地診療所でも住民に負担の少ない医療の提供を|紀美野町国民健康保険国吉・長谷毛原診療所 所長|多田明良 先生
    • 在宅医療で働く
    • キャリア/ワークスタイル

    DXやエコーの活用で、へき地診療所でも住民に負担の少ない医療の提供を|紀美野町国民健康保険国吉・長谷毛原診療所 所長|多田明良 先生

    • #キャリア
  • 訪問診療への転職ロードマップ⑤内定、退職
    • 在宅医療で働く
    • 転職

    訪問診療への転職ロードマップ⑤内定、退職

    • #転職