セミナーレポート

誤嚥性肺炎 マネジメント編

  • #疾患別
 誤嚥性肺炎 マネジメント編  明石医療センター 官澤洋平

高齢化がますます進み、誤嚥性肺炎についての現場での悩みはつきません。
誤嚥性肺炎について、歴史から現場でのマネジメントまで解説いたします。(こちらは「マネジメント」編です)

※こちらの記事は在宅医療従事者のための動画プラットフォーム「peer study 在宅医療カレッジ」のプレミアムセミナーの内容の一部を公開したものです。

講師

医療法人愛仁会 明石医療センター

官澤 洋平

チャプター

  • 誤嚥性肺炎「の」リスク?「が」リスク?
  • 原因となる薬剤
  • 嚥下機能の評価
  • 嚥下機能障害のスクリーニング
  • ポジショニング
  • 認知症とせん妄
  • 栄養
  • リハビリテーション
  • 倫理
  • 誤嚥性肺炎「の」リスク?「が」リスク?

  • こちらは私も執筆に加わりました『誤嚥性肺炎 ただいま回診中!』(中外医学社)の中から森川先生が推奨しているABCDEアプローチに自分の経験も加えてお話しさせていただきます。

  • 介入を意識したABCDEアプローチ
  • Acute problem(急性疾患の治療)

    おおまかには「誤嚥性肺炎のレビュー」でお話しいたしましたのでそれに加えてより大切な点についてお話ししていきます。


    「リスク」というものを考えた時に、「誤嚥性肺炎のリスク」なのか「誤嚥性肺炎がリスク」なのか、このような視点で考えてみてはいかがでしょうか。

    例えば「心不全」と「誤嚥・誤嚥性肺炎」があったときにそれぞれがそれぞれのリスクになり得ます。どちらが先かわからないこともあります。

  • 誤嚥性肺炎のリスク
  • 「誤嚥性肺炎」と聞いたときに、まずは「本当に誤嚥性肺炎で合っているのか?」を考え、発熱や呼吸不全を来す他の疾患を鑑別することを忘れないようにしましょう。

    誤嚥性肺炎の上流疾患がないか、結果としての誤嚥性肺炎ではないか、ということは改めて立ち止まって考えてみましょう。

    そして相互にリスクになる併存疾患がないかを考えます。どちらもしっかりとした治療が必要になるので総合力が問われるものになります。


    また誤嚥性肺炎の治療をしていると上手くいかない時もあります。このような時は頭の中でこのようなことを考えます。

    「他の熱源ではないか」「非感染性の肺異常陰影ではないか」「誤嚥性肺炎が治りにくい要素(肺化膿症、閉塞病変)がないか」です。このような3つのステップで考えると全体像がすっきりしやすくなります。

    続きは peer study 在宅医療カレッジ へ

関連記事

  • 誤嚥性肺炎の歴史
    • 在宅医療を学ぶ
    • セミナーレポート

    誤嚥性肺炎の歴史

  • 誤嚥性肺炎のレビュー
    • 在宅医療を学ぶ
    • セミナーレポート

    誤嚥性肺炎のレビュー

この記事を書いた人

在宅医療カレッジ編集部

在宅医療に関わる方・これから始めたい方を応援する在宅医療の情報プラットフォーム「在宅医療カレッジ」編集部です。 「学ぶ」「働く」「役立つ」をテーマに在宅医療に関するあらゆる最新情報を配信しています。

おすすめ記事

  • 高齢者ケアのあり方を「できること」から実践する|デンマーク在住高齢者施設勤務|ラワーセンいつみさん

    在宅医療を学ぶ

    高齢者ケアのあり方を「できること」から実践する|デンマーク在住高齢者施設勤務|ラワーセンいつみさん
  • 連載 かかりつけ医機能と在宅医療②|中央大学ビジネススクール教授・多摩大学MBA特任教授|真野 俊樹 先生

    在宅医療を学ぶ

    連載 かかりつけ医機能と在宅医療②|中央大学ビジネススクール教授・多摩大学MBA特任教授|真野 俊樹 先生
  • 日本の在宅医療の課題は「今が良い、ゆえに、変革に弱いこと」である|中央大学ビジネススクール教授・多摩大学MBA特任教授|真野 俊樹 先生

    在宅医療を学ぶ

    日本の在宅医療の課題は「今が良い、ゆえに、変革に弱いこと」である|中央大学ビジネススクール教授・多摩大学MBA特任教授|真野 俊樹 先生
  • グリーフケアに関するアンケートにご協力をお願いいたします

    在宅医療を学ぶ

    グリーフケアに関するアンケートにご協力をお願いいたします

「在宅医療を学ぶ」の新着記事

  • 高齢者ケアのあり方を「できること」から実践する|デンマーク在住高齢者施設勤務|ラワーセンいつみさん
    • 在宅医療を学ぶ
    • 特集

    高齢者ケアのあり方を「できること」から実践する|デンマーク在住高齢者施設勤務|ラワーセンいつみさん

    • #在宅医療全般
    • #地域連携
  • 連載 かかりつけ医機能と在宅医療②|中央大学ビジネススクール教授・多摩大学MBA特任教授|真野 俊樹 先生
    • 在宅医療を学ぶ
    • 特集

    連載 かかりつけ医機能と在宅医療②|中央大学ビジネススクール教授・多摩大学MBA特任教授|真野 俊樹 先生

    • #在宅医療全般
  • 日本の在宅医療の課題は「今が良い、ゆえに、変革に弱いこと」である|中央大学ビジネススクール教授・多摩大学MBA特任教授|真野 俊樹 先生
    • 在宅医療を学ぶ
    • 特集

    日本の在宅医療の課題は「今が良い、ゆえに、変革に弱いこと」である|中央大学ビジネススクール教授・多摩大学MBA特任教授|真野 俊樹 先生

    • #在宅医療全般
  • グリーフケアに関するアンケートにご協力をお願いいたします
    • 在宅医療を学ぶ
    • 特集

    グリーフケアに関するアンケートにご協力をお願いいたします

    • #家族ケア

「セミナーレポート」の新着記事

  • 在宅医療のコミュニケーション技法
    • 在宅医療を学ぶ
    • セミナーレポート

    在宅医療のコミュニケーション技法

    • #在宅医療全般
  • プライマリケアのためのフレイル対策
    • 在宅医療を学ぶ
    • セミナーレポート

    プライマリケアのためのフレイル対策

    • #症状別
  • 在宅医療が推進される背景
    • 在宅医療を学ぶ
    • セミナーレポート

    在宅医療が推進される背景

    • #在宅医療全般
  • プライマリ・ケアにおけるケア移行
    • 在宅医療を学ぶ
    • セミナーレポート

    プライマリ・ケアにおけるケア移行

    • #地域連携
    • #在宅医療全般