開業

在宅医療・訪問診療向け電子カルテとは?導入メリットや外来カルテとの違いを解説!

  • #開業
在宅医療・訪問診療向け電子カルテとは?導入メリットや外来カルテとの違いを解説!

訪問診療クリニックでの電子カルテ選びは非常に重要なポイントです。なぜなら在宅医療・訪問診療向けの電子カルテは、訪問診療に特化した機能が非常に充実しており、業務効率化・作業量削減が見込めるからです。

  • 訪問診療クリニックの新規開業で電子カルテを探している
  • 訪問診療の割合が大きくなり、外来カルテでの使い勝手が悪い
  • 紙カルテから電子カルテに移行したい


このようなお悩みをお持ちの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてください。

\今なら「訪問診療クリニック開業マニュアル」無料ダウンロードいただけます/
開業マニュアル
ダウンロード

高まる在宅医療・訪問診療のニーズ

超高齢化社会に突入した昨今、地域医療の重要性は年々増加しています。
人生の最期を自宅で過ごしたいと希望される方も多く、在宅医療・訪問診療のニーズはさらに増えていくでしょう。

そうした背景から、訪問診療クリニックを開業する、外来で診療していた患者さんの希望で在宅医療を開始するというクリニックも多いのではないでしょうか。
2024年度の診療報酬改定でも、在宅医療を充実させる施策が進められており、在宅医療の質を高める評価が見直されています。
その中の1つに【在宅医療におけるICTを用いた連携の推進】があります。ICTを利用した多職種間の情報共有や連携に関しての評価が新設されました。在宅医療・訪問診療カルテはICTを利用した多職種間の連携には非常に有用であり、今後取り組むべき医療DXにも重要な役割を担うでしょう。

引用)厚生労働省|令和6年診療報酬改定の概要

在宅医療・訪問診療向けカルテとは?

在宅医療・訪問診療向けカルテはその名のとおり、在宅医療や訪問診療での便利な機能やデバイスを兼ね備えている電子カルテです。ここからは、在宅医療・訪問診療向けカルテの特徴やメリットについて紹介します。

外来カルテとの違い

これまで外来クリニックにおける電子カルテはオンプレミス型のものが多かったのですが、在宅医療・訪問診療向けカルテはクラウド型カルテを導入しているクリニックが多いのが特徴です。
クラウド型電子カルテにすると、患者さんの自宅や施設など、場所を選ばずに様々なデバイスからアクセスが可能となります。
クラウド型電子カルテはオンプレミス型のカルテと比較して、セキュリティ面が気になる、という方もいらっしゃるかもしれませんが、以下のガイドラインに沿った運用を行えば、セキュリティ上の問題に差はありません。厚生労働省・総務省・経済産業省で制定されている2つのガイドライン*に準ずるシステムを選択することが重要となります。

厚生労働省|医療情報システムの安全管理に関するガイドライン第6.0版(令和5年5月)
経済産業省|医療情報を取り扱う情報システム・サービスの提供事業者における安全管理ガイドライン

在宅医療・訪問診療向けカルテを使用するメリット

外来診療と訪問診療で業務上の大きな違いは作成する医事文書書類の多さです。外来向けカルテではその様式が不足していたり、テンプレートがないなどの状況によって書類作成負担が大きくなりがちですが、在宅医療・訪問診療向けの専用電子カルテを使用することにより、入力作業や書類作成などの時間が短縮され、作業量が軽減します。
その分、患者さんの診療にしっかりと時間を費やすことができます。患者さんの満足度の向上にもつながるでしょう。
指示書や処方箋発行、多職種との連携も即時にできるため、スピーディな対応が可能となります。

在宅医療・訪問診療向けカルテを導入するメリット4選

ここからは在宅医療・訪問診療向けカルテを導入するメリットについて具体的な機能を紹介していきます。

書類作成機能が充実

在宅医療・訪問診療の現場では、通常の外来に比べて作成する書類の量が非常に多くなります。主な書類として

  • 在宅療養計画書
  • 訪問看護指示書などの各指示書
  • 診療情報提供書
  • 主治医意見書
  • 紹介状


などがあります。在宅医療・訪問診療向け電子カルテでは、これらの書式フォーマットや定型文が搭載されているものから、AI機能を使って診療情報から自動作成する機能を搭載しているものもあります。

訪問診療スケジュール管理機能

訪問診療スケジュール管理機能は、効率的に患者宅や施設を訪問するために役立ちます。訪問スケジュールを関わるスタッフ全員で共有でき、事前準備や当日の行動もスムーズになります。
スケジュール機能に付随して様々な便利な機能を各社揃えているので、自身のクリニックにより合うものを選ぶようにしましょう。
定期的に訪問する患者さんのスケジュールを自動で作成してくれ、即時共有できる機能や、スケジュールに沿って訪問先までのルート設定機能を持つものもあります。

クラウド型カルテによる訪問先でのスムーズな作業

クラウド型カルテでは、ノートパソコンはもちろん、タブレットやスマートフォンでもカルテ閲覧・入力が可能です。
タブレットやスマートフォンを使用すれば、訪問先での患者さんの患部をその場で撮影してカルテに保管することも可能です。
移動時間にカルテ入力や書類作成することもできるので、訪問診療で大きく時間を費やしてしまう移動時間が無駄になりません。
様々な場所から同時にカルテ閲覧、入力することも可能なので、現場のカルテをクリニックで確認してもらい、相談したり指示をもらったりすることもできます。

電子カルテ内で多職種連携・情報共有

在宅医療・訪問診療向け電子カルテでは、連携する職種や機関と一部電子カルテを共有することにより、即時的な情報共有が可能となる機能が搭載されています。
クリニック内はもちろん、訪問看護ステーションやケアマネージャーなどと情報を共有したり、お互いに行った手技や処置を連絡し合うこともできます。

訪問診療向け電子カルテ「homis」の便利機能4選

homisは在宅医療専門の医療チームが在宅医・訪問診療医に向けて開発した、在宅医療・訪問診療向け電子カルテです。
現場の医師の目線で作られた電子カルテは、訪問診療クリニックの大きな戦力になるでしょう。
homisの便利機能とポイントを紹介します。

在宅医療向けクラウド型電子カルテ homis を詳しく見てみる

AI搭載で書類作成業務を大幅削減

homisには訪問診療で便利な書類フォーマットが搭載されているだけではなく、AI機能を使いhomis内の診療情報を解析して主治医意見書などの書類を自動作成してくれる機能が搭載されています。
カルテ入力の際にも、過去歴や検査結果から必要な部分のみを自動引用して、カルテ記載を補助する機能があります。
医師の負担となる、日々の書類作成やカルテ入力の時間を大幅に削減することができるでしょう。

オーダリングチェック機能で医療ミス防止

処方時の薬用量誤りや、疾患名の入力漏れなどを警告し、処方ミスを防止する機能です。
医療ミスを防止できるだけでなく、疑義照会やレセプトチェック工程も大幅に削減することができます。

患者の経過が一目でわかるタイムライン機能

タイムライン機能とは、それぞれのスタッフのカルテ記載の要点やメモを時系列に表示する機能です。
医師や看護師、相談員など、地域医療に関わるスタッフのアクションが一画面の中で視覚的に確認できます。
患者さんに関わるスタッフ全てが、治療の経過を把握できるようになり、共通認識のもとで治療に望めるようになります。

医療保険・介護保険のレセプト連携機能

homisは日医標準レセプトソフトORCAと連携しており、ORCAの導入・サポートもhomisの基本料金内で対応可能です。
また、介護保険請求には同じくORCA管理機構より提供されている「給管帳クラウド」と連携しており、医療と介護の算定・保険請求をワンストップで行うことが可能です。
医科と介護の保険請求から患者さんへの請求、明細書や領収書の発行、入金管理や未収金管理もhomisとORCAの一連の作業で可能なので、医療事務員の負担の軽減にもつながります。

まとめ

在宅医療・訪問診療向けカルテはクリニックを経営するにあたり、非常に重要なツールです。
機能的な電子カルテを選択することにより大きなメリットがあります。

  • 医師のカルテ記入、書類作成の時間を短縮し、患者さんの診療により専念できる
  • 効率的に患者さんを訪問できる
  • 多職種が電子カルテで即時にお互いの指示や行動を把握・共有でき、迅速に対応できる
  • 保険請求業務などの事務業務を効率化できる

在宅医療・訪問診療向けカルテを選ぶときにチェックするポイントをまとめました。

  • 使用するデバイスの確認:ノートパソコン・タブレット・スマートフォンなど。オフライン機能の有無
  • 書類作成機能:訪問診療で必要な書類のフォーマットや自動作成の機能が充実しているか
  • スケジュール管理や多職種連携、タイムライン機能:自身のクリニックで使いやすい設計となっているか
  • レセコンとの連携:電子カルテと医科レセプトや介護レセプトとの連携はできるか
  • セキュリティやサポート:3省2ガイドラインに準じているか。サポート体制は整っているか


上記のポイントを在宅医療・訪問診療向け電子カルテを選ぶ際の参考にしていただき、ぜひご自身のクリニックにマッチした電子カルテを探してみてください。

関連記事

  • 訪問診療向け電子カルテの導入費用の相場は?運用コストなども解説
    • 開業・運営に役立つ
    • DX

    訪問診療向け電子カルテの導入費用の相場は?運用コストなども解説

  • 電子カルテを乗り換えるタイミングとは?移行の流れや費用も解説
    • 開業・運営に役立つ
    • DX

    電子カルテを乗り換えるタイミングとは?移行の流れや費用も解説

この記事を書いた人

岡村 奈津子

医療ライター/薬剤師。昭和大学薬学部卒。病院、ドラッグストア、薬局と様々な分野で経験を積み、現在は地域医療、在宅医療に注力。薬剤師として臨床の現場で働きながら、医療ライターを行っている。多くの人へわかりやすい医療の情報と、医療従事者の姿を届けるべく執筆活動中。

おすすめ記事

  • 医師の働き方改革の在宅医療への影響を読み解く|前編|夜間対応や医師の確保で間接的な影響を懸念

    在宅医療を学ぶ

    医師の働き方改革の在宅医療への影響を読み解く|前編|夜間対応や医師の確保で間接的な影響を懸念
  • 2024年4月からスタートした「医師の働き方改革」とは?

    在宅医療を学ぶ

    2024年4月からスタートした「医師の働き方改革」とは?
  • 総合診療医育成と研究で医師偏在問題に希望を|山形県立河北病院 総合診療科|深瀬 龍 先生

    在宅医療を学ぶ

    総合診療医育成と研究で医師偏在問題に希望を|山形県立河北病院 総合診療科|深瀬 龍 先生
  • 連載 かかりつけ医機能と在宅医療③|中央大学ビジネススクール教授・多摩大学MBA特任教授|真野 俊樹 先生

    在宅医療を学ぶ

    連載 かかりつけ医機能と在宅医療③|中央大学ビジネススクール教授・多摩大学MBA特任教授|真野 俊樹 先生

「開業・運営に役立つ」の新着記事

  • カルテの保存期間とは?紙カルテ・電子カルテの保存方法や注意点も解説
    • 開業・運営に役立つ
    • 運営

    カルテの保存期間とは?紙カルテ・電子カルテの保存方法や注意点も解説

    • #運営
    • #DX
  • 電子処方箋とは?在宅医療でのメリットや導入の流れを解説
    • 開業・運営に役立つ
    • 制度

    電子処方箋とは?在宅医療でのメリットや導入の流れを解説

    • #運営
    • #DX
    • #制度
  • 在宅レセプトは難しい?医療事務の採用コストと代行サービスの上手な使い方
    • 開業・運営に役立つ
    • 診療報酬

    在宅レセプトは難しい?医療事務の採用コストと代行サービスの上手な使い方

    • #診療報酬
    • #運営
    • #採用
    • #開業
    • #人事
  • 訪問診療クリニック|医療事務の離職を防ぐポイント3選
    • 開業・運営に役立つ
    • 人事

    訪問診療クリニック|医療事務の離職を防ぐポイント3選

    • #運営
    • #人事

「開業」の新着記事

  • 訪問診療クリニック開業にむけて準備すべき備品リストとは?
    • 開業・運営に役立つ
    • 開業

    訪問診療クリニック開業にむけて準備すべき備品リストとは?

    • #開業
  • 訪問診療クリニック開業のための診療圏調査とは?手順や知っておくべきポイントを解説!
    • 開業・運営に役立つ
    • 開業

    訪問診療クリニック開業のための診療圏調査とは?手順や知っておくべきポイントを解説!

    • #開業
  • 訪問診療クリニック開業にかかる費用とは?自己資金の目安や資金調達についても解説
    • 開業・運営に役立つ
    • 開業

    訪問診療クリニック開業にかかる費用とは?自己資金の目安や資金調達についても解説

    • #開業
  • 訪問看護ステーションの開設基準とは?3つの基準について解説
    • 開業・運営に役立つ
    • 開業

    訪問看護ステーションの開設基準とは?3つの基準について解説

    • #開業